読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”奇跡の軌跡”あるいはμ’s Final LoveLive!の忘備録

途中(4月半ば)で力尽きていた記事です。当時、書いてて心がしんどくなりました。リリホワのところまでしか感想がありません。ご了承ください。

BiBi以降はBD発売してちゃんと映像を見直したのでいつかちゃんと感想を書き足そうと思います。

 

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

先ず始めに。この記事では3/31と4/1に行われたμ’s Final LoveLiveの感想を書いていこうと思う。自分があの日東京ドームで味わった伝説の瞬間を閉じ込めて。

 

何よりもまずは会場前。

正直、5万人という収容人数に実感がわいていなかったが、水道橋駅から東京ドームに向かう道すがらこの全てがμ'sの姿をみようと集まった人であることを認識した瞬間にこの「ラブライブ!」というコンテンツが如何に巨大なものになっていたのかを再認識した。きっとすごいライブになる。静かな予感が胸の奥に訪れた。

肝心の席だが、1日目はアリーナF2、2日目は見切れF9ブロックにて参加した。

1日目は友人のチケットに連番させてもらった(この件には感謝しきれない。この場でもあらためて感謝の意を表します、ありがとう。)のだが、席が判明した瞬間、人目がなければ雄たけびをあげていただろう。F2はステージに近かった。とても。

 

そして、ライブが幕を開ける—――――――――

 まずはOPアニメ。花陽おじさん無事死亡。今までのワンマンライブ会場を風船をパスしていく形でリレーしていく演出は2次元と3次元のリンクを感じた。そして、一曲目のイントロが…

 

M1 僕らのLIVE 君とのLIFE/μ's

M2 僕らは今のなかで/μ's

今回、OPナンバーに関しては全く読めなかった。しかし、ここでぼららら。μ'sの始まりの歌であるこの歌を9人で踊る。そう、9人で。

事前アナウンスから絵里役の南條さんがほとんど踊れないことは覚悟していた。しかし蓋を開けてみれば開幕から踊っていたのだ。5th以降見ることのなかった9人揃ったダンスを見て、自分のボルテージは一気に上昇。

この曲の肝は何といっても間奏。ドーム全体で9人とともに叫ぶ「Hi!Hi!Hi!Hi!yeah!」裏打ちの気持ちよさは何物にも代え難かった。

続く僕今はμ’sにとって第二の始まりの歌。アニメによって飛躍したラブライブ!には欠かせない一曲。実は、私がライブにおいて、この曲で最も楽しみにしている部分は2番の「これからだよ~」のアドリブ部分なのだ。南條さん欠場の際は他のメンバーがやったりやらなかったりだったのが、満を持して本家(?)を生で聞くことができたことが嬉しかった。

 

 ― MC1 ―

いつものコール&レスポンス。Finalということでついにうっちーも定型挨拶を解禁し、ことりちゃんのおやつになりました。うっち―といえば二日目の挨拶が印象的だった。おそらく、9人の中で最もストイックに役に向き合っているうっちーだからこそ、当日の声の不調は大きなダメージを与えたのだと思う。しかし、あの日のうっちーは誰よりもことりだった。自分も応援の意を込めてより一層強い声援を送ろうと決意した瞬間であった。

 

M3 夏色えがおで1,2,Jump!/μ's

M4 Wonderful Rush/μ's

M5 友情ノーチェンジ/μ's

 ― 幕間映像1 ―

M6 もぎゅっと”love”で接近中!/μ's

M7 baby maybe 恋のボタン/μ's

M8 Music S.T.A.R.T!!/μ's

― MC2 ―

挨拶の後は、μ’sの歴史をなぞるようなナンバリングシングルとそのカップリング曲が続いた。夏色WRの盛り上がりを序盤から持ってくるなんてこの先どんなセトリになるのだろうとワクワクが抑えられなかった。

そして!Finalにしてついに!4thシングルであるもぎゅ衣装がライブで披露!メイド服アレンジのμ'sちゃんがめちゃくちゃ可愛い。かわいい。もぎゅはPV含めて大好きな曲で、この曲の衣装をみれるとは思っていなかったので嬉しい誤算。恋タンやMスタも、もぎゅの衣装だとまた違った良さがありました。

 

<メドレーパート(M9~M13)>

M9 ユメノトビラ/μ's

M10 ススメ→トゥモロウ高坂穂乃果(CV:新田恵海)・南 ことり(CV:内田 彩)・園田海

(CV:三森すずこ

M11 Wonder zone/μ's

M12 これからのSomeday/μ's

M13 Love wing bell/μ's

 ― MC3 ―

M14 Dancing stars on me!/μ's

M15 Happy maker!/μ's

― 幕間映像2 ―

MCを挟んだ後は怒涛のアニメ曲ラッシュ!ユメノトビラで寒色系に染まり、Lwbで黄色に染まり、ダンスタで紫に染まる会場は5th を彷彿させた。トロッコで披露の曲も多かったがその中で、のぞえりの歌っていないこれsomeが個人的ヒットだった。歌っていない二人もトロッコに乗り込んでいたのだが、同乗していたアルパカ人形で遊び始めたのがむちゃくちゃキュートだった。ライブ中イチャイチャ許すまじ。

また、ダンスタではもぎゅ衣装の前掛けを外してパンプキン色のハロウィン感あふれるエプロンにチェンジしていたのが度肝を抜かれた。アニメ曲ラストはハピメ。ライブ第1部の締めにふさわしい盛り上がりだった。そしてお待ちかねのユニット曲へ…!

 

M16 WAO-WAO Powerful day!

Printemps(高坂穂乃果(CV:新田恵海)・南 ことり(CV:内田 彩)・小泉花陽(CV:久保ユリカ))

 ― Printemps MC ―

M17 NO EXIT ORION

Printemps(高坂穂乃果(CV:新田恵海)・南 ことり(CV:内田 彩)・小泉花陽(CV:久保ユリカ))

M18 sweet&sweet holiday

Printemps(高坂穂乃果(CV:新田恵海)・南 ことり(CV:内田 彩)・小泉花陽(CV:久保ユリカ))

最初はプリン体ことPrimtempsのターン。スクフェス民にはおなじみのワオワオのイントロを聞いた瞬間、ぶち上がった(某スレの影響が大きい)。モニターにコールが表示されていたので予想を上回る盛り上がりで嬉しい誤算。当初は(なんやこのクソ曲…)とか思ってた自分を殴りたい、むっちゃスルメでした。続くMCでは衣装の話に。ユニット1stの衣装をさらに豪華にしたような衣装でえみつんはジャケットでいけつんだし、うっちーはおなか出てるし、シカちゃんはノースリーブで帽子も花陽らしくて最高でした。

NEOはカッコいいPrimtempsという今までになかった姿をみることができた。マイクスタンドを活用したパフォーマンスがアイドル力高い。

予定調和を崩す3曲目(!)はユニット1stよりスイホリ。噂のチョコレートやマカマカロンおいしくいただきました。今までにないユニット3曲目の披露により、続く2ユニットの3曲目も俄然楽しみに!

 

M19 思い出以上になりたくて

lily white(園田海未(CV:三森すずこ)・星空 凛(CV:飯田里穂)・東條 希(CV:楠田亜衣奈))

M20 ふたりハピネス

lily white(園田海未(CV:三森すずこ)・星空 凛(CV:飯田里穂)・東條 希(CV:楠田亜衣奈))

 ― lily white MC ―

M21 春情ロマンティック

lily white(園田海未(CV:三森すずこ)・星空 凛(CV:飯田里穂)・東條 希(CV:楠田亜衣奈))

お次はlily white!「思い出以上になりたくて」ではみもりんの歌唱力が光った。昭和昭和と騒がれることの多いリリホワだが、その分一曲で会場をリリホワワールドに切り替えるいいチョイスだった。続く「ふたりハピネス」は個人的にはキラーチューン。サビの盛り上がりはプリプリのMを彷彿させるもので、幸せの言葉とともにハートを描く振り付けは胸に来る。ただ観客側で一緒にやってる人が少なかったのが残念でした。

MCではリリホワらしいアドリブ苦手なグダグダを感じるトークが可愛らしかった。衣装はユニット1stの衣装に、更にバルーンで作られたドレスを重ねて着たような衣装でどうやって着るのかすごく気になった。

そしてリリホワ最後の曲は「春情ロマンティック」ここまで温存されていたリリホワのダンス力が光る楽曲だった。ダンスの上手さに突出したユニットだと思ってはいましたが、それでもあの激しいダンスには驚いた。見惚れることしかできなかった。曲そのものの良さも合わさってFinalの印象的なシーンの一つになった。

ちなみに二日目の見切れでは、トロッコで待機しているBiBIが春情の振りコピをする姿が確認できた。手も降ってくれて、見切れの人にも楽しんでもらいたいという熱い思いが伝わるものだった。

 

M22 Cutie Panther

BiBi(絢瀬絵里(CV:南條愛乃)・西木野真姫(CV:Pile)・矢澤にこ(CV:徳井青空))

M23 PSYCHIC FIRE

BiBi(絢瀬絵里(CV:南條愛乃)・西木野真姫(CV:Pile)・矢澤にこ(CV:徳井青空))

 ― BiBi MC ―

M24 錯覚CROSSROADS

BiBi(絢瀬絵里(CV:南條愛乃)・西木野真姫(CV:Pile)・矢澤にこ(CV:徳井青空))

― 幕間映像3 ―

 M25 Angelic Angel/μ's

― MC4 ―

M26 輝夜の城で踊りたい/μ's

M27 だってだって噫無情/μ's

― 幕間映像4 ―

M28 Hello,星を数えて/星空 凛(CV:飯田里穂)・西木野真姫(CV:Pile)・小泉花陽(CV:久保ユリカ

M29 ?←HEARTBEAT絢瀬絵里(CV:南條愛乃)・東條 希(CV:楠田亜衣奈)・矢澤にこ(CV:徳井青空

M30 Future style高坂穂乃果(CV:新田恵海)・南 ことり(CV:内田 彩)・園田海未(CV:三森すずこ

― 幕間映像5 ―

M31 それは僕たちの奇跡/μ's

― MC5 ―

M32 ミはμ'sicのミ/μ's

M33 Super LOVE=Super LIVE!/μ's

M34 No brand girls/μ's

M35 KiRa-KiRa Sensation!/μ's

― MC6 ―

M36 SUNNY DAY SONG/μ's

― 幕間映像6 ―

EN1 START:DASH!!/μ's

EN2 Snow halation/μ's

― MC7 ―

EN3 Oh,Love&Peace!/μ's

EN4 どんなときもずっと/μ's

― MC8 ―

EN5 MOMENT RING/μ's

― 幕間映像7 ―

W-ENCORE 僕たちはひとつの光/μ's